国債投資をする際に、よく比較されることが多いのは定期預金です。それぞれの特徴について色々述べていきます。
まずは、金利の付き方に違いがあるのが分かり、預金の場合は固定金利というシステムに決まっています。しかし、投資する場合は5年タイプは固定金利で同じですが、10年タイプのものは変動金利となっています。つまり、10年タイプのものは半年ごとに金利が見直され、変動していくので、メリットにもデメリットにもなり得るということです。


定期の預金の場合は、いつでも契約することが可能という利便性があります。しかし、投資の場合は発行時期が商品ごとに決まっています。タイミングを間違えれば投資することができなくなるのです。
定期の預金は売買取引をすることはできません。しかし投資の場合は、満期を迎える前に、市場で売買取引を自由に行えるという魅力があります。
中途換金・中途解約の制限にも違いが出ています。一般的な定期の預金は、中途解約することは問題なく行うことができます。しかし個人向けの債券では、発行から1年・2年は中途解約できないシステムになっているのです。
保証する機関が違うことも追記しておきます。定期預金を保証するのは、銀行や信金などの民間の金融機関です。それと異なり、国の債券を保証しているのは日本国です。