投資は能力に関係なく家賃収入など、定期的に収入が入ってきます。賃貸物件は、不労所得であり、病気で働けない時にも収入があるということになるのです。
初めての際に、株式、国際などの、金融商品もありますが、リスクの面を考えると、家賃収入のためにお金を投入したほうが、安心です。もちろん、定期的に賃借人を得るためには、メンテナンスも必要です。何年かのリフォーム、修繕費用の積み立て、家賃不払いが起きたための対抗策など、事前から、お金や、知識をためておくほうが、安心を得られます。


気をつけたいことは、中古物件を購入する際は、老朽化の程度をよく調べることです。また、周囲が生活環境として利便性が高いかも、把握しておいたほうがいいです。
では、不動産を購入する際の情報は、どこから得ればいいのでしょうか。インターネットとは言い切れません。実は、不動産屋さんとコネを作っておくことなのです。大家募集などの張り紙を見かけることもあるのです。そんな時、コネを作っておくと、不動産屋さんは、こんな人がいたな、と思い出してくれるのです。
また、購入した不動産の金額の8割から7割を10年後に回収できるように目算を立てておいたほうがよいです。住宅ローンの利率も計算に入れておいてください。