不動産投資の対象となるのは、一般的にマンションやアパートなどの集合住宅が多いです。中には、中古の一戸建てを賃貸・売却する手段を選ぶ人もいます。不動産投資の一つとして、貸し倉庫を取り扱うというものもあります。
倉庫の場合、メリットとしてコストが比較的安いことが挙げられます。マンションやアパート、戸建ての場合は初期費用がかなりかかり、ローンを利用するケースが多いものです。しかし倉庫物件の場合は、貯蓄している自己資金だけでも行えるケースがあるのです。


物件を安く購入し、高めの賃料を設定して顧客がつけば、利益も大きくなります。優良物件と判断されれば、長期契約してくれる顧客がつく可能性も高いです。コストパフォーマンスが良くなる倉庫を目指せば、高収入が得られる可能性があるのです。
ただし、メリットだけではありません。当然、デメリットや工夫が必要なことがあります。
倉庫の場合、立地条件の良し悪しで借り手の多さが決まるようなものです。利便性の高い土地にある倉庫であれば、利用者は増えます。しかし、目立たないところの倉庫であれば、物件の存在にすら気付いてもらえない可能性もあるのです。
借り手が見つからなければ、経費だけがかさむことになります。メリット・デメリットの両面を判断して投資物件を選ぶことが大切です。