購入方法について

| 未分類 |

株や証券など日本では様々な資産運用があります。その中で国債は、国が発券する利子が付いた債券です。国債を買えば、利子付きで国にお金を貸したことになります。
日本の国債は1965年頃の高度経済成長の時代に発行され始めました。産業の発展の為に日本政府は巨額の財源を必要としたからです。
1968年には障害者などを対象に、利子を税金の課税対象から除外する制度が導入され、同年には満期を迎える元金を円滑に償還できるように減債制度も導入されました。
このことで、国債を購入した人が返済の滞りを心配することがなくなり確実に償還されるようになりました。


時代に合わせて国債制度も多様に変化し、現在では満期別による種類も色々あります。金融機関でも国債の募集がなされています。
個人向け国債の購入方法は、証券会社に口座を開設し国債を注文する方法と、ゆうちょ銀行で通常貯金口座を開設し国債を購入する方法があります。
国債のメリットは、日本政府が元本保証していること、つまり国家に貸し付けることになり安心という点、また、返済の保障、金利が変動しても最低金利は保障してくれる、民間会社による各付けも評価されているということがあります。
そして1万円から購入できるので、気軽に投資したい人には始めやすい金融商品です。