不動産投資の種類は色々あります。実際に不動産物件を購入して、その大家として家賃収入を得るのが現物不動産投資というものです。
何人かの投資家が共有持分権を持って投資する方法を、小口化不動産投資と言います。個人では投資するのが困難な高額物件などへ投資することが可能な方法です。高層マンションやデザイナーズ物件などが対象となるケースが多いです。


不動産投資をするメリットは、安定した収入を得やすい点にあります。家賃は毎月入ってくる収入なので、他の投資方法よりリスクが少ないと言えます。
インフレーションした場合でも、ダメージを受けにくく、むしろ利益が増える可能性があります。家賃が値上がりして、家賃収入が増えるというメリットがあるのです。不動産を持っていれば、所得税・相続税の節税効果を得ることもでき、利点と言えます。
デメリットは、利回りが低下する可能性があるということです。一棟を買い上げている場合は、一部屋でも空室があれば、それだけ利益が減ります。高級物件を一部屋だけ投資している場合でも、自分の部屋の借り手が見つからなければ、収益を得られません。
諸費用がかかる点もデメリットになり得ます。売却する方法であれば、買い手が見つかり次第すぐに利益になりますが、賃貸にする場合は経費がかかります。